あと4ヶ月もするとスタートする積丹クロマグロキャスティング

オフショア
この記事は約3分で読めます。
更新情報

宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

とその前にシマノドリームフェアに応募した。全員に送られる商品が送られてきました。別注平政 220F フラッシュブースト 限定のルアー サンライズ号がプリントされた。綺麗なルアーです。毎年やって欲しい企画でもあります。

と言っていたら3月15日からまたスタートするようです。次は何にしようかな?

実際に届いたのは、こちらです。

220なので、積丹では少し遅めの8月後半か9月には使ってみたいと思っています。すでにメルカリにも出品されています(笑)。マグロを釣ってから飾ってもいいかなと思っています。道具は使ってなんぼですから、別注平政220Fのホワイトは実際に使っています。まだ、釣ってはいません。

積丹のメインの時期は8月がベストシーズンになると思っています。早い場合は7月くらいでちらほら釣果情報が出てきます。4月からは色々なターゲットが現れます。サクラマス・ヒラメ・ブリ・マグロというような流れなので、釣行準備を開始しておかなければベストシーズンでは間に合わないということもあるかと思います。

その年でまた新しいルアーなどに偏った釣れ方をしたりするので、シーズン終了時に翌年分を調達したりしますが、売り切れだったりなどで準備できない場合もあります。欲しい物や必要な物はネットショッピングのお気に入りに入れておけば、入荷情報や価格が高くなっているのか? 安くなる場合もあるのでチェックしていると購入時期がよくわかります。

とはいえ、一通り道具が揃っているのであればあまり関係がないかも知れませんけど、ラインやリーダー、フックなどは消耗品となるので在庫がないと高いものを買わなくてはならなくなったりします。なので、時期によらず安い時期に購入しています。狙うターゲットをもっと絞ると費用も抑えることができるのでしょうけどね。

春・秋にはメーカーからの新商品も発売されるので、新カラーが発売されたりもします。いまある道具はメモに控えてあるのでロストなどするとレギュラーであれば、購入することになります。トップシーズンになると売り切れが発生するのでその前には買っておきたいところです。

安定して釣果が上げられるようになると道具は絞られてきます。自分の中で一つの仮説が成立するともう迷わなくなるので、ジグもこのジグがあれば安心という物を早く見つけれるようになるまでは、瞑想し迷い続けるのかも知れません。たとえば、リールとライン、ジグは同じでもロッドが変わるとタイミングがずれるので時間がかかってしまうことがあります。同じことをしているのに乗らないこはよく経験しました。ソフトなロッドからハードなロットに変わった場合は、さほど感じないかも知れませんが、逆の場合は苦労しますね。

自分合うロッドに出会うまでは運とも言えるかも知れません。知り合いや友達が多いと感想が聞けたりできる場合もあるでしょうが、使わせてくれる友達はなかなかいないと思うので、もっとも苦労する点なのかも知れません。最高の相棒に出会うまでは苦労は続きそうです。

自分自身を客観的に見ることは難しいと思うのですが、他人を客観的にはみることが可能です。釣りの動作をみている限り「この人は釣れる」「この人はちょっと難しそう」というのもわかってきます。でも、釣れる人なのにまったく釣果が上がらない人は、道具立てが間違った方向に向いていることが多いです。それが、タックルなのか? ラインなのか? は実際に見てみないとなんとも言えませんけどね。

釣りは準備している時から始まっています。時間のある時にマグロ用のルアーのフックを磨いていこうと思います。まだまだ時間は十分にありますからね。新作も仕入れました。

今年の目標は、シンキングでも釣果を出したいと思っています。20メートルから30メートルで泳いでいるはずなのでそこに直撃を試みたいと思っています。誘い出しでも30メートルからバイトしてくるようなのですが、直撃できないかを試したいと思っています。あと、今回頂いた別注平政220Fで一本は釣りたいというのが目標です!

最後までありがとうございます。
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オフショア
シェアする
RSSを購読する
北海道積丹で釣りを探求中
タイトルとURLをコピーしました