8月の第一週は5日連続釣行を予定!

オフショア
この記事は約3分で読めます。
更新情報

宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

8月1日からマグロ解禁になりますね。天候が良いのか悪いのかまだまだわかりませんけど、どことなくあやしい感じになってきています。今週がずっと悪かった分良いのではと期待しています。昨年はまるごと8月が禁止期間となったので積丹地域は大きな期待をもっているはずです。私だけかも知れません!

というわけで8月1日から5日までを通しで出ようと企んでいます。天気が安定するとその日の状況が次の日も変わらずになることが多いです。先日、漁師さんに話を聞いたところ大抵は、決まった時間に決まった場所を通るはずだよと教えて頂いてからは、どこでよく跳ねているのかを見て、マップに落としていました。もちろん、ベイトを追っている時は違う場所まで行くのでしょうが、概ねその付近を通ったりしているような気がします。

キャステイングならではの興奮があるのでやめられませんが、沈んでいるマグロには効果が高いのではと思ってジギングも時折混ぜようと70メートルから20メートルのレンジで攻めたいと思っております。

ジギング用は夏の8月用はライトなタックルで挑もうと思っています。オシアジガーリミテッドLJの2番とオシアジガー1500XGの3号、ゲームのタイプJの3番にステラSW4000HGにPE3号、秋用は強めのタックルをグラップラーJの4番とツインパワーSW1000PGに5号を準備しています。

先日のイカ釣りで5メートルまで寄せた時はゲームのタイプLJの2番でフォースマスター200の1号だったのでキャッチOKの30kgも3号あれば十分かなと思っています。

実際にファイトできる、8月の第一週は楽しみでなりません。禁止になるまではできるかぎり海に出たいと思っています。いつまでできるのか? とても気になるのですが、13日までできるいいな〜とは思っています。

ジギングとキャスティングで1本つづ上げるのが今季の目標ではあります。ナブラを見つけて、ナブラ撃ちもする予定ではありますが、通る場所で誘い出しやジギングもしよう思っています。ナブラ撃ちは大きくなったナブラは沈みも遅いので間に合う可能性は高いですが、小さいナブラはすぐに沈んでしまうので、効率という点では非効率といっていいです。ボートのスビードがものを言います。23フィートの軽い船なんで30ノット(55キロ)は出るので近くでナブラが発生すればいち早く到着はできます。

ただ、ボートが近くに着くとナブラは沈んでしまいます。私が思うのは、マグロが沈むのではなくベイトが音に驚いて散らばってしまうことでマグロが沈んだように思うからではないか。本当のスーパーナブラになれば、ボートの音などは気にならないほどのベイト集団になっているのだろうと推測しております。とあるYouTubeを見ていたら太いPEでも切れまくるという動画がありましたが、巨大なナブラのど真ん中にプラグ入れるとマグロの体に擦れて切れてしまうのが原因ではないか! ナブラに入れるのもコツがあるんですよね。

ですが、170センチから200センチのプラグをコントロールするのはなかなか大変です。これから進もうとするナブラの先端やナブラの中心ではなくサイド側が良いとされていますけど、マグロ用プラグは思うようにいきませんし、ナブラが目の前で騒いでいるとこちらも興奮しているのでうまくいくことはなかなか難しいです。

遊漁船のマグロ釣りは基本、キャスティングがほとんどなのでジギングはナブラがなかった場合の合間にする程度なのでジギング中心に数日できるのは、マイボートならではだと思います。1本でもかかると自信になるのですが、やってるのが大事だと思っています。

天気の状況があまりよくないのでコンディションは悪そうな感じなので、北海道の天気が悪くても本州が良ければ禁止の期間は長くなることはないでしょう。あとは運に任せるだけです。

最後までありがとうございます。
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オフショア
シェアする
RSSを購読する
積丹で釣りを楽しもう!【北海道】
タイトルとURLをコピーしました