下の画像をタップしてもらうと当ブログにポイントが付きます。
別ウィンドウが開き煩わしいですが、ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

6月1日解禁のビッグゲーム、昔に戻った積丹半島【2022年】

釣り全般
この記事は約4分で読めます。

でっけぇ魚をごっついしかけで釣ってそのスリルをあじわうのがビッグゲームなら、ちっこい魚をほそいしかけで釣るってのもビッグゲームにまさるともおとらねぇビッグゲームといえるべ。 By 三平一平

釣りを続けているとより大きいターゲットを求めるようになることがあります。北海道ではクロマグロが最大のターゲットになるでしょう。九州や沖縄ではまた違うターゲットになります。ヒラマサやGTなど強烈な引きが魅力となっています。私もビックゲームは嗜みますが、マグロだけを追っているわけではありません。

シャケ・マス、ホッケ、イカなどが多いですね。基本、家から近くで釣れるものはすべてがターゲットになっています。三平一平が言っているように、シャケでも細い糸で柔らかい竿で釣ればそれはビックゲームといえるべと言っています。すごく共感します。

自分と同じくらいの体重があったり米俵くらいが積丹では大型と言われるクラスです。1977年(昭和52年)の45年前は東積丹はマグロが数多く捕獲されていました。メバチマグロは日に数千本の漁獲高だったようで、クロマグロは300kgも上がる漁場としてはマグロが盛んな時期があったようです。昨年はこのことを彷彿させるような光景だったと漁師さんが熱く語ってくれました。もっと南下すると100kg以上のマグロもいます。一度は狙いたいと思うターゲットの一つだとは思います。しかし、30kgを超す魚を釣り上げるにはそれなりの道具が必要になります。

大きな問題として、オフショアであるということです。マイボートであれば解決するのでが、遊漁船の乗り合いになると初めて一緒に乗る方がいるので気を使う点です。たとえば、私がマグロをヒットしたとします。その間他の乗船者は目の前にナブラがあってもロッドをふることはあまりありません。友達同士であればじっくりとファイトできるのですが、乗り合いだとどうしても気を使ってしまいます。

多少無理なファイトも仕方ないとなってしまいます。そんなこともあり、どうしても強いタックルになってしまいます。ゴリ巻きできるタックルです。31kgのマグロを釣った時のファイトタイムは20分程度でした。このくらいの時間なら乗船者も待ってくれるでしょう。しかし、40分のファイトとなれば「早く上げて」という心の声が聞こえるでしょう。

積丹であれば、水深もあるので潜られて根に入ることもありませんし、潮の流れも海峡ほどは早くありません。ラインも細くても上げることは可能です。チャーターやレンタルなどで時間も余裕があれば、リールは8000番の3号でも上げれると思います。マグロジギングの方は大抵3号ですよね。乗り合いだと迷惑かかるので定番の14000番6号がベストかなと思います。

キャスティングの定番の長さは83でしょうかね。私は86と83でキャスティングは8号タックルと6号タックルの2タックルの用意していきます。これだけでも考えたくない金額になってしまっています。とにかく、何でも高いです。ラインは1万円が相場です。マグロゲームをやるのであれば、覚悟は必要です。

導入タックル  5号タックル 6万円前後
グラップラーBB タイプ C S82MH 定価25,800円    ネット価格 2万円前後
ストラディック SW 10000HG 定価39,600円     ネット価格 3万円前後
ライン  PE5号 300メートル オシア8 定価11,550円   ネット価格   1万円前後

6号タックル 12万円〜17万円
オシアプラッガー フレックスドライブ S83MH 定価63,000円 ネット価格 5万円前後
ツインパワーSW 14000XG 定価  77,400円     ネット価格 6万円前後
ステラSW          14000XG 定価127,300円     ネット価格 11万円前後
ライン  PE6号 300メートル オシア8 定価11,550円   ネット価格   1万円前後

8号タックル 24万円前後
オシアプラッガー リミテッド S83H 定価90,300円  ネット価格 8万円前後
テスラSW 18000HG     定価138,900円            ネット価格 15万円前後
ライン  PE8号 300メートル オシア8 定価11,550円   ネット価格   1万円前後

この他にも色々と出費が多いですね。ルアーもなかなかお高いです。でも、もっともやるべきことはキャスティングの練習です。なかなかできる場所がないとは思いますけど、陸ではうまくやれるから大丈夫と思っていると船は揺れます。みよしならなおさらです。船によってルールがバラバラなのでしっかりとルールを守ってください。

ポッパーが以上に多いですね。ただ、こんなには絶対に必要ないです。

今年は、ボムディップ 170F フラッシュブーストに期待しています。発注はしましたけどいつ届くかな? バブルディップ 220はなかなか釣果を聞かない(笑)。

タックルは1kg以上になることは確実なので、揺れる足場でのキャスティングは想像以上に大変です。キャッチにとても影響するので人気のない港で黙々と練習してみてください。ナブラをみるとさらに焦るのでキャストが安定しないです。合わせて誘い出しのリーディングもすると良いとは思います。状況によってはナブラ撃ちではない場合もあったりしますので・・・。練習したことは決して無駄にはならないと思います。

最後にぽちっと応援、お願いいたします。ますますやる気になります。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
釣り全般
シェアする
RSSを購読する
積丹の釣りブログ
タイトルとURLをコピーしました