画像をタップして応援してください。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

釣りの危ない行為(シャケ釣りで良く見かけるぞ)

鮭釣り
この記事は約3分で読めます。

釣りを楽しむなら危険がないように遊びたいですね。最近はもっぱらシャケ釣りをしていますが、大変危険な行為があります。それは、フッキングした後に取り込むランディングの時に起こります。

シャケ釣りは北海道ではとても人気の高い魚種の一つで、漁港などの足場が良いところや車が横付けできる場所でもシャケ釣りが楽しめるのも人気のひとつなのかも知れません。なので、気軽に大物が釣れる。更に高価なイクラが取れる可能性もあるという点も人気が高いのでしょう。

シャケ釣りから釣りを始める人も多いかも知れません。先日の釣行は初めてらしい人が真横でした! 初心者にシャケ釣りをするなとは全く思っていませんが、周りのことを考えながら釣りをして欲しいと思います。私の反対側の人には3回に1回は絡んでいてなかなか集中できなかったのではと思います。

最初から周りに迷惑をかけないで釣りをするのは難しいとは思いますけど、下準備やリーディングなどももう少し勉強して欲しいと節に思いました。隣の人がヒットして、回収していなかったのでもちろん絡まり解くのに相当な時間を要してしました。PEもこれでもか! というくらい絡んでしまっています。

少し余談が長くなりましたが、釣り経験が長い人でもランディングネットをうまく使えていない人が比較的多くいます。私の持論ですが、釣り上げるまでが釣りだと思っているので基本は取り込みまで自分で行います。一人で磯などに釣行もいくので自分でしなければキャッチもできませんからね。

キャスト時の怪我も少なからずあると思いますが、防波堤などでネット使う必要がある場合にとても危険なことが垣間みれます。そもそも、ランディングネットを使うことがシャケ釣りしか使わないので出番もシャケシーズンのみという理由なのかも知れませんが、ロッドの使い方もあわせてうまく使えていないです。

そもそも論ですが、ロッドの特性は45度前後ということがあまり知られていないのでしょうか? フッキングは45度以上になることがあるとは思いますが、ファイトは45度がロッドの最大限生かされるとされているのでその角度より曲げてしまうと力は弱くなり、最悪はロッドが折れる破損の原因となります。今シーズンは1名ロッドを折っていました。

フッキングをしてから寄せてくるまではたいていの人はうまくいくはずです。そしてランディングがもっとも危険な瞬間がやってきます。ひとりでランディングする時は45度以上曲げるとまずうまくいきません。一人でランディングする人のロッド角度はマイナスか、海にたいして水平の0度でランディングします。想像できますかね〜。文章では少し難しいですが、想像してください。

今シーズンでもみかけましたが、ネットに入れる瞬間にルアーが顔にぶつかったのをみました。ヒヤッとする瞬間でした。もっとも危ないシーンです。失明してしまった人が知り合いにいて本当に危ないシーンでした。

ルアーが飛んでくるという予想をしていると対応できると思いますが、まったく予想ができていないのでとても危険です。その点一人で行うと私の場合はマイナスの角度なので自分に飛んでくることはありません。寄せてきている時にバレて飛んでくることはありますが、ランディング中はバレても自分のところには飛んで来ません。

なかなかランディングの練習などはできないのですが、釣り歴が長い人はしっかりと伝えて欲しいと思います。事故を起こすと釣りがトラウマになってしまうので安全で楽しい釣行をして欲しいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました