画像をタップして応援してください。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

どっちでもいい、右巻き左巻き論争!

釣り全般
この記事は約2分で読めます。

使いやすい方が何よりですけど、昔は右巻きが主流だった訳で私も右巻きからスタートしました。一時釣りを離れましたが、戻ってみると左巻きが多くなっていてちょっとカルチャーショックでした。

私は右利きなんで右で投げて左で巻く、最初はとてもへんてこな感じではありましたが慣れてしまうと違和感はすぐになくなり、普通になった感じがします。左手でロッド操作はやっぱり動かしやすいですね。ただ、リールを巻くことに関してはぎこちない感じはあります。

ランディングネットを使う際はどうしても右でネットを持つ方がコントロールがしやすいので、ロッド持ち替えてランディングしたほうがやりやすい感じはします。

最初に言った通り、やりやすいキャストで巻きやすい方で巻けばいいと思っています。手返しという一つの観点で見ていくと右で投げて、左に持ち替えてリールを巻くことでワンテンポ遅くなる、ひと手間余計という意見があります。

ですが、その手間はそれほど重要な点ではないと感じています。時には落パクで瞬時にフッキングの必要もあるかもしれないですが、頻度からいってもそれほど多いわけでもありません。時間にしても1秒以内で持ち替えることはできますからね。

ベイトリールは両方を使用していますが、オフショアでの使用なのでキャストすることがほぼないので巻きやすい方が良いです。問題は、スピニングであればほぼ多くのリールでハンドルを変更ができるので意識なく購入ができますけど、ベイトは最初から決めておかなければなりません。

ターゲットと深さによって考えればよいかなとは思っています。深くなるようであれば、巻きがしやすい方、大型になればリフトがしやすい方が良いのではと思いますが、利き手が右なら主流はスピニングは左巻き、ベイトは右巻きが圧倒的に多いです。

最後にキャストのことについても少しだけ、5月からキャスト練習をしていますが、ぜひあなたもチャレンジして欲しいことがあります。それは、両方で投げることをして欲しいと思っています。

利き手で投げる練習をしていると20%でも良いので逆でも投げることで利き手で投げる方もシャープに投げることができるようになりました。自分でも思いつきで行ったのですが、逆手で投げるとすべてがぎこちないのですが、利き手に戻した時にとても良く飛びましたし、シャープに投げれるようになったと思います。

逆手は利き手の50%くらいしか飛びませんが、利き手が110%くらいになった感じがしますし力の入れるコツが良くわかると思います。それと以外に効果が高いのが、素振りです。素振りをすることで体の使い方がわかってくると思います!

ぜひともチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました