下の画像をタップしてもらうと当ブログにポイントが付きます。
別ウィンドウが開き煩わしいですが、ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

本を書いたりもしています。

インターネット
この記事は約5分で読めます。

プロフィールに作家と書いています。今まで世の中に出した本は5冊でIT系の出版です。ITと言っても難しいそうな言語とかプログラミングではなく、ソーシャルメディア系になっています。

コロナ禍になってしまって、セミナーや講演は一切なくなりましたが、関東、中部、関西、九州などを回っていました。その時は時間に余裕をなるべく作ってパックロッドを忍ばせて仕事終わりに釣りをしたこともあります。

本州への移動は飛行機での移動となり、仕事がメインなので終い寸法が120とかだとバレバレになるので、60センチ以内のパックロッドならバレずに釣りを楽しめるのです。所有しているロッドは現在、半分がパックロッドになります。仕舞寸法が60センチ以内に収める理由は機内に持ち込めるので、紛失や破損はまずありません。パックロッド用のケースで2本は余裕で入りますので柔らかい目ロッドと普通のロッドにしています。

パックロッドはウルトラライトロッドからハードロッドまで揃っていますので、対象魚に対して選んで持っていくというイメージです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
≪’20年5月新商品!≫ シマノ ’20 スコーピオン 2600FF-5 〔仕舞寸法 44.6cm〕 【保証書付】
価格:27225円(税込、送料別) (2021/1/20時点)

楽天で購入

​30センチでもしなりが利いて楽しい。ホッケは楽勝​


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
シマノ(SHIMANO) 20 ワールドシャウラ ドリームツアーエディション 2651F-5 39734
価格:60222円(税込、送料別) (2021/1/20時点)

楽天で購入

​カラフトマス実績あり・・​

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
シマノ(SHIMANO)6本継ぎ ロッド フリーゲーム XT S96M 仕舞:54.6cm 専用ケース付属
価格:24307円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)

楽天で購入

​鮭でも実績あり・・​

​​パックロッドというとかなり不安を持っている方も多いと思いますけど、全く問題がありません。コンパクトになるのはとても良いですよ。個人的には、メーカーが推奨しているジグの重さもあまり気にしていません。30%オーバーなら普通に使っていていまだ問題はありません。ただ、保証するものではありませんので、使用は自己責任でお願いいたします。

本を書くことはそれほど難しいことではないのですが、IT系やビジネス系であればどれだけ再現性があるのかで、本の売れ行きも変わってくると思います。難しい用語や難しいことばかりであれば買ってもらえませんし、再現性があるか無いのかは非常に大切となっています。やってみたいと思って本を買って、読み進めていくと同じことができるということです。

このブログは推敲をしていない、一発書きなので誤字脱字も多いかとは思いますけどご了承いただければと思います。本ができるまでは、原稿を入れてから校閲・編集から赤ペンが入り、原稿が戻ってきます。ボリュームが多ければ少なくする、ボリュームが少なければ多くするという作業が続きます。

SNS系は頻繁にアップデートがあったりしますので、出来上がった原稿がボツになったりします(汗)。大幅なアップデートだとアウト! 少しであれば、その本専用のサイトを作ってそのページで順次手順を公開していくという感じです。3ヶ月から半年程度をサポートして行く感じになります。このブログは1ページの文字数が1000文字以上あります。ページを100ページ作ることができれば1冊の本が書けるようになります。

1冊を作る時に必要な文字数は10万文字が必要になります。もし、2000文字が書けると50記事で1冊分になります。SNS系だと画像を入れるために文字数は8万文字程度になる場合も多いです。

今回、なぜこんな話をしたかというとブログから出版したできたという話を聞いたことがありませんか? ブログを書けると出版が可能なのです。編集社や出版社もブログに記事数があれば、この人は書けると判断できるのです。難しいことはありません。

私もブログを初めた頃は、まったく文章を書けてはいませんでした。文書には「てにをは」なども気にしなくてもまずは、ブログを書く習慣が身につくと確実に文章力も上がってきます。私もそうでしたが、最初はもう今見ると恥ずかしいばかりです。でも、こんな私でも本を書けるようになったのであなたも大丈夫です。ただ、誰でも知っていることを書いても読んでもらうことはありませんので、今までの自分の経験を重ねて他の人とは違った切り口で企画を仕上げると出版できると思います。

このブログを読んでくれる人は、釣りや田舎暮らしが気になっている人が多いと思います。もし、次の本を書くとしたら「マーケティングと釣り」という題で書きたいなと思っています。しかしもう数年前にフィッシングマーケティングという本がありました。釣り師はプロでマーケティングを勉強して本をかきあげたと思うのですが、本のタイトルが良くありません。横文字にしてしまったことで、違う意味にとらえてしまう人も多かったのではと思います。

本はタイトルがすごく重要です。本だけではありません、ブログタイトルやYouTubeタイトルも同じで、興味のある人を一瞬目を止めてもらえるタイトルがどんな物にも必要なんです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました