下の画像をタップしてもらうと当ブログにポイントが付きます。
別ウィンドウが開き煩わしいですが、ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

YouTubeの将来性は果てしないよ。

YouTube
この記事は約3分で読めます。

コロナ禍になって、外出自粛が叫ばれているので気軽に外出ができない状態なのでYouTubeの視聴が伸びています。自分の好きなジャンルが好きな時間に見ることができて、途中でもやめることができるので自分のライフスタイルにあっているのでしょう。

コロナによって視聴のスタイルも変化がありました。スマホでなく、テレビで視聴するです。私もテレビで良くみます。なので、発信する側もそれを意識しなくてはなりません。4Kを意識して動画を作るとはマストになっていくでしょう。テレビで見る人は1500万人以上となっているようです。

前回の記事でも書きましたが、YouTubeは広告になっているということを説明していきます。一部のアンケート調査を紹介します。まずはあなたのターゲットの年齢はどこかなのか? 見て欲しい年齢層です。例えば30代と40代が利用しているSNSは「YouTube」「LINE」「Twitter」「facebook」「Instagram」の順になっているというアンケートがあります。

細かく見ていくとYouTube利用者の年齢層は40代が最も多く、1,400万人、次いで50代の1,200万人となっております。YouTubeで商品購入のきっかけなっています。YouTubeを選んだ理由は、「動画による説明」というところが大きく、「商品の使用方法や効果が分かりやすかった」、「操作や使用感が分かりやすい」など、具体的な使用感や現物による分かりやすい説明が評価されています。テレビCMでは、悪い部分は絶対に出てきません。YouTuberが実際に使用しているからこそわかりやすさが強調されるのでしょう。年齢層によって変わっています。

もし、売っている商品が10代から20代であれば、「Instagram」が58%と最も高い。となっていますので、商品によって使うプラットフォームを変えることが必要になっています。

話をYouTubeに戻しましょう。トップYouTuberも最近は大きく舵を切り出しています。YouTubeで知ってもらい、YouTubeがきっかけで興味を持ってもらうことを中心に考えています。商品を持っているのならその商品を売る、オンラインサロンなんかもそうです。YouTubeでのメンバーもそうです。

月謝制と同じ意味のサブスクリプションです。定期的に月謝をもらうのです。たとえば、1万人のチャンネル登録者がいれば、一般的に言うと5%のコンバージョン(決定率)500人で490円にすると245000円です。facebookを使ったオンラインサロンもピンきりですが、2980円だと150万円です。

後は、YouTubeでコンテンツの質を良くすることを心がけるとコンバージョンはもっと上がるでしょう。10%となることはなかなかないですが、先程の金額の倍です49万円、300万円の収入なります。YouTubeでこの広告費を稼ごうとするとなかなか大変ですからね。自分の商品を開発するとかサロンを始める計画をする。などYouTubeを利用した次のビジネスモデルを考えてみてはいかがですか?

1万人の登録者はとても難しいことではありますけど、1000人でも5%で50人です。490円でも24500円ですよ。コンテンツに独自性があれば、2980円という価格でも行けそうですよ。15万円の安定した収入になります。

YouTubeの将来性は、まだまだ発展していくでしょう。5GもYouTubeを後押ししてくれます。

最後にぽちっと応援、お願いいたします。ますますやる気になります。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
YouTube
シェアする
RSSを購読する
積丹の釣りブログ
タイトルとURLをコピーしました