当ブログへお越しいただき
ありがとうございます!
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

2023年釣りフェスティバルが楽しみ!

釣り全般
この記事は約2分で読めます。
釣りフェスティバル
釣りフェスティバルは、いち早く新製品情報がゲットできるイベント。2023年は3年ぶりとなるリアル開催の復活(パシフィコ横浜)オンラインも継続します。

今年も1月20日から1月23日までとなっています。秋・冬は盛り上がりに少し欠けるように知らない間にしれーっと発表されますが、春・夏は毎年ドドーンと発表がされます。3月暗いから発売になる商品がこぞって出るのですが、今年はどんな商品が発売されるのでしょうね。

絶対に欲しい商品もあるのですが、発売されるかどうかは希望・熱望しています。昨年はステラの発表がありましたが、今年はそれほど注目される商品はそれほどないかも知れませんけど、シマノの企業なのでこの釣りフェスティバルで大きく売り込みをしたいはずです。

全体に言えることですが、新しいコンセプトで出てるく商品は少し待つのが得策だとは思います。アップデートやマイナーチェンジは買うに値すると思っています。

ただ、欲しいと思っても初期ロッドを逃してしまうと最低でも半年、遅くなると1年以上待たなくはならなくなります。欲しい時が買いたい時なので、妥協して違うものを購入してしまうことがあります。

でも、一度欲しいと思った商品は「やっぱり、欲しい」なと思ってしまうので、結果無駄な出費となってしまいます。なので、釣りフェスティバルで見て、聞いて判断しています。突然ラインナップが増えるということもありますけどね。

私は基本的にいままで使っている、製品がアップデートになる時期に合わせて釣具預金をしています。早くて3年遅いと6年なのでその間は、ある特定の投資信託に預けています。今年はいまいちな感じではありますが、利益が大抵でるので他のものも買えます。

平均すると4年なので毎月5000円を積立していくと4年後には、単純計算で240,000円となります。4%で9600円、ただし時期が悪いとマイナスになることもありますので注意は必要ですよ。S&P500は13%くらいで運用できています。3000円としても、144000円が元金で溜まっていくので、最高級のリールも手に入れることができますよ。

なので、どの商品が発売されるのかはいつも注意を払っています。投資信託は解約するにしても10日あれば口座に戻ってきますので、銀行預金にするよりは遥かに良いのです。

商品の在庫も、各種キャンペーンがある時に1年分の小物も用意しています。使うものがたいてい決まっているので、在庫の確保もこの時期にそろえています。

最初にも言いましたが、新発売は発売時期を逃してしまうといつ手に入るかわからないので計画がずれてしまう場合があるので計画的に!

11月の新発売のロッドは1ヶ月発売が伸びました。最近はほぼ発売がずれ込んでしまう傾向があるので1ヶ月は余裕をみておいた方が良いです。

最後までありがとうございます。
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
釣り全般
シェアする
RSSを購読する
北海道の積丹半島で釣り探求!
タイトルとURLをコピーしました