トップの釣りは見ていても楽しい!

釣り全般
この記事は約7分で読めます。
更新情報

宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

釣りの中でももっとも楽しいのがトップでの釣り! ルアーを投げて、ルアーに飛びついてくる瞬間は魚が多くてもたとえ小さくともファイトしてくる魚は興奮します。

ガヤのトップはなかなか楽しいのです。トップに出てくるのは超やる気満々で飛びついてきます。それも真っ暗な場所でもガヤにははっきりと認識しているようで20cm以上もバイトしてきます。

トップの釣りは目視しながらの釣りで目でも楽しめる点があります。ボトムを攻めるとどうしてもルアーをロストしてしまうことがあり、思い切った釣りができません。ルアーも安くないですからね。

初めて、トップを経験したのは新潟へ遠征にいった時です。それまではトップなんかそう簡単につれないと思っていたのが、バンバン釣り上げるのを目の前で見たからはじまりました。20cmのプラグを目一杯なげて、引いてくるプラグにバイトしてくるのは、釣り概念を覆された瞬間でもありました。それからトップに魅了されていくのでした。

考え方なのですが、費用のことは考えないで言いますとマグロのキャスティングはもっとも簡単な釣りだと思いませんか? マグロがいることを確認し、ナブラに投げることに成功すれば確率はとても高いのです。

一般的な釣りは、魚がいるだろう(魚探で確認する)と思われているところに投げる(落とす)ことになと思いますが、必ず魚がいるわけではありません。魚探の性格上、船の真下にいるのかわかりません。50KHzの場合は水深10メートルで直径11メートルの範囲と言われています。水深が60メートルだと直径66メートルの範囲になるということです。

魚探の画面では真下にいるように思いますが、実際は船から33メートル離れている可能性もあるということなんですね。それも右なのか左なのか、前後なのかはわからないのです。魚探の宿命でもありますけどね。なので、たとえ魚探といえども確実にいるのかはわからないのです。

マグロのキャスティングはすでに魚がいるポイントにキャストするので釣りとしては簡単ということがわかっていただけたでしょうか? ナブラ打ちは興奮もさることながら確率も高いというわけです。

夜、裏の港でよくガヤトップで楽しんでいます。今回はアーマージョイントの60Fを購入しました。随分と価格が安くなりましたよ。

トップでのガヤを試して見たい人はこれが定番のプラグです。ダイワの月下美人、夜霧Z 42F/42Sがあるので是非試して欲しい一つのルアーです。フローティングだとまずロストすることはないので4、5年使ってますよ。フックだけは交換してますけど・・・。

最後までありがとうございます。
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
釣り全般
シェアする
RSSを購読する
積丹で釣りを楽しもう!【北海道】
タイトルとURLをコピーしました