下の画像をタップしてもらうと当ブログにポイントが付きます。
別ウィンドウが開き煩わしいですが、ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

プロと素人はどんな差があるのか?

インターネット
この記事は約4分で読めます。

釣りが上手くなりたいと思ったらあなたならどうしますか?

釣行回数を限りなく増やす。ことが第一歩に感じるかも知れません。

でも、上手になるにはどれだけの時間がかかるのか? ビジネスでも同じですが、その道のプロつまり専門家になるには1万時間費やせば専門家になれるとされています。

月に4回10時間の釣行であれば20年かかることになります。毎月休まず続けてです。私は多分偏屈なところがあるので、まぐれで釣れるのは気分が良くないのです。自分が考えたこと論理的に説明できる釣りで釣り上げる釣りがしたいのです。もちろん、正解などはありませんし、間違っている事も多々あるでしょうが、納得した1匹がなによりも良いのです。

たとえサイズがどうであれ、思った通りに釣れることを一番に考えています。周りの人と争うことはありせん。争う意味がないからでもあります。戦う相手は魚です。釣りは魚との知恵比べと思っています。

今日のコンディションはこうだから、これでやろう。釣れるとやっぱりね。釣れなければまだまだだな〜と思うのです。

漁師さんとよく会話をしますが、今日は風が南だから期待できない。あの雲が出るとよく獲れるとか論理的にならない話をするのですが、大抵当たります。それだけの経験値があってそういう判断をしているのでしょう。

この域に達するには、1万時間はゆうに越しているのです。しかし物理的に1万時間がない人は上手にならないのかという問題ですが、上手にはなります。上手とは曖昧な定義ですけど、人より早く釣る、人より多く釣るなどですが、上手になるには大抵、師匠と呼べる人がいたり、経験豊富な人がいるのが多いです。

そう、結いる専門家から聞いて上手くなる人が圧倒的に多いと思っています。私もある分野で、専門家としてやっています。全国で講演や講師として呼ばれて行くことがあります。

最初は誰もが初心者です。私は会社や個人事業主に対してアドバイスして売上アップを図ります。しかし、上手く行く方と行かない方がいます。講演では基本を丁寧に話し、再現性を重視した内容になっているので、その通りやってもらうと売上アップにつながるものです。

上手く行かない方の特徴は実践経験が少なすぎることが主な原因かと思います。裏のテクニックなどを聞きたがるのですが、たとえ教えたとしても基本がなっていなければできるはずなどありません。

専門家に聞くことで1万時間を使うことなく、より短い時間でマスターできるのです。専門家に聞くと1万時間かかる人が5千時間になったり、基本を忠実に守れる人であれば3千時間になることは可能と考えます。

釣りのプロとご一緒する機会があります。そこで感じたことは、とても基本を忠実にやっている点です。まだ釣りを始めて1年生の方がルアーを飛ばす人もいるでしょう、プロだからといって飛ばすことにこだわっていないプロも多くいます。

実際に一緒にやっていて強く感じることは基本を丁寧に繰り返しやっているのです。気を衒った釣りは全くしていないのです。では、何が違うのでしょう。私が思うに状況判断が早いという点です。最初に話した漁師さんのようにこの風、この波、天候などを複合して判断していると思います。この判断の速さは長年培った感覚なのだと思います。

そうなるためには基本を忠実に黙々と淡々とやる忍耐も必要なのかも知れません。釣れたではなく釣ったです。

多分、あなたがプロと一緒に釣行した時に感じるのは大したことないなと感じるように思います。釣り自体に違いがあまりないからでしょう。私もまだまだ修行僧の身ですが、早く自分のスタイルを確立したいと思っています。ショアもオフショアもやるのでなかなか実行できていませんが、この状態の時はこれ! というものです。

あなたもすでにパイロットルアーがあると思います。まず最初に状況を把握するためのこれからスタートする。潮の状況を確認したり、パイロットルアーはもっとも自分が使いこなしているルアーなので、水中の動きが手にとるようにわかると次の対策がとれると思うのです。

基本はパニックベイトを演出するのがルアーだと思っています。その演出をどのように操るのかだと思っていますけど、ただバイトはなかなか下手だと感じています。チェイスした時はチャンスが倍増でその場で次のアクションをします。遅くする場合や早くする場合などその時々で変えています。チェイスするということは、スイッチが入っている状態なのでバイトしやすいようにただ巻きにします。遊泳力のある魚であれば早くする。遊泳力のない魚はゆっくりだと思っています。

広大な海の中でルアーを見つけてもらうための寄せる動き、興味をもらってもらうための追わせ、食べやすくする食わせを一連の動作として行うことを意識してやっています。

今年はロックショアプラッキングをやろうと思っているのでどうなるか? 余計な知識が邪魔しなければいいのですけどね。とにかくトップで釣りたいという願望です。

タイトルとURLをコピーしました