下の画像をタップしてもらうと当ブログにポイントが付きます。
別ウィンドウが開き煩わしいですが、ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

積丹イカメタルゲーム【総集編】自作仕掛け・誘いなど

イカ釣り
この記事は約14分で読めます。

 

イカメタルゲームを楽しむために!
船選び
ロッド・リール・仕掛け(各種スッテ)
カラーローテーション
総集編(自作仕掛け・誘い他)

メインライン

PE0.6号〜PE0.8号を使用。深い棚やラインブレイクにも対応できるように150m以上巻けている方が安心。PEから直結で仕掛けに接続する方がいますが、短くても良いのでショックリーダーは必要と思います。後述しますが、イカメタルリーダーは長いと1.2mあるので取り込みに苦労するのでショックリーダーの連結はガイドにも通る小さめの結束にするとストレスがないと思います。

ガチ勢はPE0.4号がメインになっています。ラインが細いと潮抜けもよく、影響を受けづらい。アタリ感度も上がるらしいです。

イカメタルリーダー(仕掛け)

各メーカーからイカメタル用の仕掛け・オモリグ用の仕掛けが販売されています。一度は購入して実物を手元において自作しましょう。とても簡単ですから、必要なものはスイベル・回転ビーズ・幹糸のライン(私は張りがあるエステルライン)・スナップととてもシンプルです。オモリグにはオモリグスイベルが必要になります

ロッドが6フィート台なので約2メートルで仕掛け(リーダー)が市販では長いリーダーは1.2m〜1.5mと長く、ティップが柔らかいので、手元ではロッドより長くり取り込みに苦労します。慣れるまでは短めのリーダーがおすすめです。自作すると自在に調節できますし、市販のリーダーでも下のスナップ部分のラインをカットして結び直すことでも回避できます。

慣れてくるとその日のベストな仕掛けをチョイスできるように下記のように準備していきます。

イカメタルリーダー自作

イカメタルリーダー自作
上からローリングスイベル・エダス(1本・2本)・回転ビーズ・スナップこれだけです。ショックリーダーからスイベルは直結でも構いませんが、リーダーをちょこちょこ替える私としてはショックリーダーに脱着しやすいようにスナップをつけています。このスナップからスイベルに連結します。やり方は色々とあると思いますので工夫して行ってください。スイベルをつけないでスナップでショックリーダーとメタルリーダーをつけても良いかと思いますが、イカがかかり上げてくる最中にラインのねじれがなんだか嫌な気がするのでローリングスイベルを使用しています。スナップ付きローリングスイベルでも良いかとは思います。


ワンポイント!
エダスから出る糸は張りのあるエステルラインを強く推奨します。オモリグ用のリーダーを作る時はエステル。幹糸はナイロンでもいいです。なぜ、エステルが良いのかというとエダスは潮が緩い場合は短い方が良いので、3cm〜5cmと短く幹糸と絡む恐れがあるので、シャキとしたラインがいいです。私は幹糸もエダスも同じライン(笑)

市販でのリーダーを買う場合はロングエダスを購入してください。エダスは短くすることが簡単にできるので3cmのショートエダスに早変わりです。ただ、一度結んでしまうともとには戻りませんけどね。

パイロットリーダーを作る。エダスはダブルでショートとロングで作成し、どちらが当日の状況に向いているのか検証できる。ダブルのロングを複数用意しておけば、自在にコントロールできます。ロングを使う場合は潮流が強い場合はロングが向いています。

基本的に1釣行するとそのリーダーは廃棄します。金具や回転ビーズは再利用しますが、ラインは使いません。もったいないと思われますが、やっても2釣行くらいですね。この話をすると長くなるので割愛しますが、同じラインを使い続けると釣果に影響があるという論文をエビデンスにしています。自作すると安くできますし、使い回しもできます。

誘い方

ポイント到着時はまだ、薄暗いかも知れません。到着と同時にライトが点灯し夜焚きがスタートします。しかし、すぐには寄ってこないために狙いはボトムを丹念に狙いましょう。周囲も暗くなり、小魚などが集まってくると次第にイカも浮いてきます。乗船者と協力しあい釣れる棚を共有して行きましょう。回りにアタリ棚をいうか、恥ずかしいなら船長に伝えてください。

全員が同じ棚で仕掛けを入れることでイカの活性がますます上がります。結果的には回りのために共有するのではなく、自分の釣果を伸ばすことになります。イカが集まれば相当数いると思われますので、あとは仕掛けとマッチするのかです。

誘いですが、フォールからのストップ、誘い上げからのストップ、誘い下げからのストップ基本のこの2つです。ラインが立つ状態で縦のアタリはもちろん横のブレもアタリとなります。縦は船が揺れているのでそれ揺れ以外はアタリです。イカメタルの専用ロッドはテップはとても柔らかいので沈み込むアタリや浮き上がるアタリなどをみていきましょう。横にブレるアタリはイカが触腕でパンチをしていると思われます。このパンチではなかなかフッキングはしません。

この時に利用する誘いがシャッフルです。その場でシャカシャカとシャッフルして止めるとイカが抱くことが多いです。更に縦アタリで乗らない場合は合わせた分を誘い下げをして、あたった棚に戻しシャッフルすると乗る場合も多いです。

大体がこれらの誘いで乗ってきますが、スルメイカのシンコをムギイカとも呼ばれるムギイカはちょっと習性が異なります。とにかく動いている時にしか抱かないという特徴があります。実際にワンピッチで誘い上げてくると突然乗るということがあるので、ワンピッチはイカメタルゲームではなかなか見ない光景ではありますが、誘いの一つとして活用してみてください。ワンピッチが決まると数が釣れます(笑)。回りからは邪道とも言われそうですが、釣果がそれを覆してくれるでしょう。

積丹アクティブ2 遊漁船

私が良く利用させてもらっているのは、アクティブ2( ACTIVE 2)です。
https://twitter.com/ACTIVE2YUGYOSEN

このブログを読んでイカメタルに乗船した人に特別な特典を頂きました。通常は乗船ポイントが1ポイントですが、イカメタル予約時に「積丹の釣りブログ」を見た! と伝えると乗船後にポイントが2倍の2ポイントが付与されます。特別なオファーですのでこの機会に是非ご利用してみてはいかがでしょうか?

出船時間は20:00から0:00と4時間ではありますが、ポイントまでは20分程度と近くなので釣行時間もしっかりと取れて3桁も夢ではありません。お一人様5000円。ただし、状況によってはとても渋い時はありますのでご了承の上、よろしくお願いいたします。なお、この有効期限は2022年8月31日までとなっております。

札幌からだと幌武意漁港までは約90キロで高速は余市まで、余市から37キロなので40分前後です。夏の交通安全運動期間は7月13日~7月22日までですが、期間以外でも運転は十分気をつけてください。特に古平町に入る時、トンネルは要注意ポイントになります。

積丹 アクティブ2
タイトルとURLをコピーしました