下の画像をタップしてもらうと当ブログにポイントが付きます。
別ウィンドウが開き煩わしいですが、ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

積丹イカメタルゲーム タックル編

イカ釣り
この記事は約8分で読めます。

イカメタルゲームを楽しむために!
船選び
ロッド・リール・仕掛け(各種スッテ)
カラーローテーション
総集編(自作仕掛け・誘い他)

ロッドとリール

まず、これから始めてイカメタルゲームをやってみたいと思う方はイカメタル専用はほぼ必要はありません。ライトジギング用でもロックフィッシュ用でも代用は可能です。

どちらかというと掛け調子になるので先調子(ファーストテーパー)がよいと思われます。イカのアタリは繊細な時も多いからで、ソリッドのテップが良いです。専用ロッドになれば、先端だけが真下に向いてアタリをとるものが多いです。

ライトジギング用はジグを飛ばすために反発力が強いために瞬間のアタリは取りずらいですが、問題はないとは思います。

各メーカーは専用に設計したロッドを販売していますので、もしイカメタルが面白いと思ったら専用を購入するというのでも遅くはないと思います。

リールはなるべくなら水深、棚がはっきりとわかるカウンター付きのベイトリールがおすすめでフォールレバー付きはなお良いと思います。イカは棚を探っていく釣りなので明確にわかる方が良いです。オフショアのサクラマスと似た感じです。

50杯以上釣ることになる場合も多いために軽いリールが良いかも知れません。金属リールは重いですが、カウンター付きであれば問題はないでしょう。スピニングでもカラー付きのライン使用であれば問題はありません。

最終的にはどんなリールでも代用は可能です。やろうと思えば投釣り用のリールでもかまいませんが、ロッドワークが多いので早くに疲れてしまうことはあるとおもいます。

シマノのベイトであれば150番、スピニングであればC2000〜C3000番くらいが適正ですが、大は小も兼ねるので問題はないでしょう。面白くなってもっと楽しみたいと思ってからでも十分なのでまずは、イカメタルゲームをチャレンジしてみて欲しいです。

ラインは0.6号が多いです。私はイカ釣りに関してはすべて0.6号で統一しており、マメイカからスルメイカまですべてに使用しています。イカメタルしかやらんという方、ガチ勢は0.4号が主流になっているようです。細って思ってもイカメタルは感度の釣りでもあるために潮流の影響を受けづらい細糸が好まれるようになっています。基本どこかにこするという釣りではないので問題はありません。

ロッドやリールよりもっと大切なのがスッテです。これが難敵です! ただ、理解してしまえばイメージが分かると思います。

スッテと仕掛け

イカ釣りは少し特殊な針を使います。カンナと呼ばれる返しがない仕様になっています。エギに付いている針です。

イカメタルも同じようなカンナが付いたスッテと呼ばれる鉛のついた針を使います。オモリと一体になっている鉛スッテを一番下にセットしその上に浮きスッテと呼ばれる物をつけます。

もっともスタンダードな方法でメタルリグ呼びます。Daiwaはオバマリグと呼頑なに呼んでいますが一般的にはメタルリグ(胴付き仕掛け)になります。

イカメタルゲームで最も重要なのが重さです。複数の要素があり、総合的に考えなければなりません。まず、船の立て方や流し方でも影響を受けますし、潮流方でも大きく影響を受けます。なぜ、そこまで言うのかは前回の記事でも書きましたが、糸を立てながらする釣りだからです。

もし、軽い鉛スッテしか持っていかなかった場合は、もう釣りになりません。だからと言って重い鉛スッテを用意しておけば良いというものでもありません。軽い鉛スッテよりは重いスッテの方が良いことは間違いありませんが、その日のコンディションによっては重すぎでフォールで見せることを捨ててしまってはもったいないのです。

ちなみに私の鉛スッテは10号〜40号まで持っていきます。基本は25号からのスタートにして、ラインの立ち方と潮流をみて上げるのか下げるのかを考えます。パラシュートアンカーが入ると船が安定するので重さを軽くするようにしています。

なぜ、そんなに重さを注意するかというと同船者がいると仕掛けが絡んで釣りにもなりません。たとえば、自分の隣りに重さが20号で40号の人なら潮流によっては20号はどんどん流されて大抵絡みます。20号縛りの船であれば条件は一緒なので流され方も同じなので絡むことは低減されますが、それでは理想の釣りができない状態になるでしょう。

もう一度いいますが、垂直より少しだけ角度がつくくらいがちょうど良いです。メタルリグを見てみると下の鉛スッテは多少横になり、上のドロッパーが潮流を受けて横になるようになるのがベストなのです。リグを購入する時にショートやロングという名目があると思いますがこれは、エダスの長さとなっています。水平でフォールするメタルスッテが登場しています。シマノのノリノリスッテⅡです。

次回のカラーでも説明しますが、潮流を受けやいのでノリノリスッテⅡは普段より1段階重くても良いスッテの一つです。

ロングを買っておけば、短くすることは可能ですのでロングの購入をおすすめします。ショートで良い時は潮流も落ち着いている時はショートでも良いですが、ロングなら短くすることも可能です。

エダスがシングルか良いのか、ダブルが良いのかは取り回しがやりにくいですが、ダブルの方が良いでしょう。ダブルにして一方をロングのまま使い、もう一つをショートにしてみるという具合です。

イカはとても好奇心が旺盛でもありますが、飽きるのも早いです。活性が高い時は比較的どんな仕掛け(リグ)でも釣れますが、一旦スレてしまうとまったく興味を引かなくなります。これが釣り人を引きつける点でもあるのでは思います。

1時間前までは落とせば釣れたのに、まったく抱かなくなったということはよくあることです。釣り人が手を変え品を変えていくことで釣果を伸ばすことができます。

次はドロッパーです。鉛スッテの上につける浮きスッテとも呼ばれるものです。浮きスッテは浮くものやエギングをするようなエギを使用する場合もあります。一般的には浮きスッテが多いと思います。浮きスッテもサイズやカラーなどもあるので次回の記事でお伝えいたします。

仕掛け、リグは自分でも簡単にできますのでオリジナルで作ってみましょう。動画でも撮ろうかなとは思っています。かなり簡単なんで器用な方ならすぐにできちゃいます。そして、安く仕上がりますし、一釣行でお役御免が釣果にも影響するという報告もあるので、使っても2回まで! 時間が経過するほど透明度が悪くなるのでイカが嫌うようですよ。

私が良く利用させてもらっているのは、ACTIVE 2(アクティブ2)です。
https://twitter.com/ACTIVE2YUGYOSEN

このブログを読んでイカメタルに乗船した人に特別な特典を頂きました。通常は乗船ポイントが1ポイントですが、イカメタル予約時に「積丹の釣りブログ」を見た! と伝えると乗船後にポイントが2倍の2ポイントが付与されます。特別なオファーですのでこの機会に是非ご利用してみてはいかがでしょうか?

出船時間は20:00から0:00と4時間ではありますが、ポイントまでは20分程度と近くなので釣行時間もしっかりと取れて3桁も夢ではありません。お一人様5000円。ただし、状況によってはとても渋い時はありますのでご了承の上、よろしくお願いいたします。なお、この有効期限は2022年8月31日までとなっております。

積丹 アクティブ2
タイトルとURLをコピーしました