インショアゲームの可能性がかなり高いと感じた!

インショア
この記事は約3分で読めます。
更新情報

宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

先日、インショア縛りでボートを出しました。30メートル以内での水深でショアからは届かない距離、場所によってはショアでは行けない場所もあります。

今回は、Twitterでもアップしたサクラが跳ねている場所からスタート、開始早々にチェイスしてくるのですが、最後の最後にそっぽを向いてバイトには至りませんでした。それが2回あったのですが、その後もボートの周りでは跳ねるのですけど駄目。数はそこそこいると思うのですが、見切りをつけて、次の場所へ

10分くらい離れた場所へ移動して、狙うはヒラメでした。4.5投目でヒラメの引きです。ゴンゴンと引く感じが最後まであるのがヒラメだと思います。ただ、ネットインに失敗してキャッチにはなりませんでしたが、50くらいではないか? 3回程度流しましたけどあたりがあるのですが乗りません。

また、少し遠い距離を移動して浅場の10メートルを探ったところ、アブラコ団地とも思える場所にたどり着きました。ここも絶対にボートでしか行けない場所です。サイズも特大でした。

まだまだ、インショア初心者ですが、相当の可能性を感じています。ショアからは打てない場所は多くありますので、ポイントはまだまだありそうです。ショアからではテトラの裏などは見たこともない場所を打てるのはボートならではのインショアですね。

今まで見ることもできない場所を見ていくとインショアでのアオリイカが好きそうな場所が多く発見できたことも大きな収穫でした。海水温が13度以上にならなければ活動も停滞してしまい、アオリイカは15度を超える頃から産卵期に入りますが、水温17~18度の適水温で産卵へと言われているのでまだまだ先のようにも思えます。やっと12度を超えるくらいなので、本州で言われる春イカは6月に入ってからだとは思います。

春イカの特徴は一番成長した時なので、北海道のアオリイカの事情もわかってくると思います。

今回使用のタックルはライト系です。前回の釣行でも50のヒラメも楽に上がりましたのでライトタックルで十分かと思います。エギング用でも行けると思っています。ラインはPE0.6号、リーダーは3号ワームは4インチを中心につかいました。

ロッドはパックロッドを使用はドリームツアーエディション2651F-5と少し長めですがフリーゲーム XT S86MLです。バラしたのはS86MLでしたが、主導権はこちらにありました。リールは2500SとC3000です。

次回は、セフィアXR S73SUL-Sとソアレ エクスチューン MB S76UL-Sでも持って行こうと思っています。ソアレは力不足ではあると思いますけど大丈夫でしょう(笑)。

ワームについては、色々と試しておりますのでこれだ! というのがあればお伝えしたいと思っています。

最後までありがとうございます。
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インショア
シェアする
RSSを購読する
積丹で釣りを楽しもう!【北海道】
タイトルとURLをコピーしました