リールをガラス系コーティングにしてみた!

釣り全般
この記事は約5分で読めます。
更新情報

宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

海釣りの場合、リールはどうしても塩分にさらされる場面が多いです。ショアでもやっぱり塩分除去は必要! オフショアで波があればざっぷんざっぷんと塩を浴びてしまいます。仕方がないのですが、乾燥しないうちに真水で洗うのがベスト。

以前の記事の塩分を取るスプレーです。今回はガラス系コーティング剤です。

良く洗っているつもりでもギア⚙️が塩ガミしてしまう場合も多いのでは? ショアならシャワーでもある程度は塩を落とすことは可能だと思いますが、オフショアともなれば細かい飛沫が常時当たって感じです。

塩ガミを避けるために、自分の目線より上になるような位置にロッドホルダーを取り付けるようになってからは、リール全体が海水をかぶることがなくなりました。これはこれでよかったとは思いますけど、まったくかからないということはありません。船から上がったらしっかりと真水で洗わないとゴリゴリになるのは確実です。

マグロを教えてもらった人がいるのですけど、もちろんステラでしたけど、リールはゴリゴリでした(笑)。せっかくの高級リールが悲鳴をあげていたのはしっかり覚えています。反面教師ってやつですね。

リールやロッドは過酷に使っても十分に耐えてくれます。だからこそ、使用後はメンテナンスをしてあげるのは寿命を長くするのはもちろん、リールやロッドの性能を保つことになります。10年は使いたいですね。

今回は、汎用リールとベイトリールをコーティングスプレー AQUA SHIELDをスプレーしてみました。謳い文句は「艶と撥水効果のある被膜を形成し、汚れが付きにくく、防臭・汚れにくい」ということです。いままでは車のレインドロップを使っていましたが、新しいコーティングスプレーを使ってみようと思います。

まずは、塩を抜く、そして真水でしっかりと洗浄し乾燥させたあとにコーティングスプレーで仕上げです。コーティングが重なることで更に効果があがるようです。ロッドにも大抵の釣り道具に使えるようです。

最後までありがとうございます。
宜しければ、応援!  お願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
釣り全般
シェアする
RSSを購読する
積丹で釣りを楽しもう!【北海道】
タイトルとURLをコピーしました